■鳥取短期大学 シグナスホール

  
                      画像クリックすると拡大


■鳥取短期大学創立40周年記念事業として、シグナスホール(体育館・大講
 義棟)を整備すると共に、テニスコートを移設整備する事を目的としている。
 施設計画にあたり、倉吉に育まれた伝統と文化的特性である絣(布織)や白
 い漆喰の土蔵などをモチーフとしシグナス(白鳥)のように大きく羽ばたく
 (巣立つ)様子を建物のイメージ(コンセプト)とした。

■藤田学院 シグナス寮



■学院の理念に基づいて、21世紀の地域社会に貢献出来る、学生の安らぎと
 鋭気を養う館とすることをコンセプトとした学生寮(約100室)の計画で
 ある。

■施設の特徴は、共同空間と個人空間を分棟配置することで、アメニティーを
 高め、単調になりがちな建物に変化と独立性を高める効果を狙った。小グル
 ープ単位でディールームを設け、協調性・コミュニケーション能力を高める
 ことを狙っている。 

■建物外観は、地域周辺の歴史ある街
 並みに見られる「格子」や「白い漆
 喰の土蔵郡」など、地域特性をイメ
 ージさせる要素を取り入れ、周辺環
 境との調和を図った。


■帝釈峡 まほろばの里
                        
   
     
  


■比婆道後帝釈国定公園の遺跡や古墳の文化施設を活用し、体験・宿泊型
 レクリェーション施設「古代人の里」の中心施設とした資料館である。
■自然に恵まれた魅力ある環境を極力壊さないように配慮し、ドリーネや
 周囲の樹木など、現存の環境を活かす様に心がけた。展示室へのアプロ
 ーチは、地下部分からトンネル状の通路により導く計画としており、敷
 地形状を活かした計画としたことが特徴である。

■山陽高等学校 本館

  

  


■広島山陽学園創立110周年記念事業として新校舎の整備を目的として
 いる。本館の特徴として、普通教室と各種特別教室を明確で機能的なゾ
 ーニングを行っている。
■建物外観は、基壇部にはアーチをモチーフとするとともに二丁掛タイル
 を採用することで、学園の伝統(いしずえ)と力強さを強調した。上層
 階は軽快でさわやかな配色とした外装とし、未来への飛躍を感じさせる
 ような表現とした。また、竪ルーバーと小庇を設け、直射日光の抑制に
 配慮した。
■内部空間の特徴として、生徒の憩いの場、語らいの場となる開放的な吹
 抜を設け、ラウンジをコミュニケーションツールとして配した。仕上材
 は、広島県産杉板材を用い、温かみのある空間づくりに貢献した。