名古屋では、名古屋市市政資料館(国指定重要
文化財)に行きました。名古屋市市政資料館は、
大正11年に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判
所庁舎として建設されたネオ・バロック様式の建
物です。現在では、市の公文書館として市政関連
資料の閲覧ができます。重要文化財指定を受けて
いるのは、赤い煉瓦と白の花崗岩を組み合わせた
荘重で華やかなネオ・バロック様式の外観、ステ
ンドグラスや漆喰塗り、マーブル塗りなど高度な
技術が使われている中央階段室、内装の美しい三階復元会
議室だそうです。建物内部の中央階段室は、ネオ・バロッ
ク様式が最もよく表れており、左右対称のつくりで2階か
ら3階まで吹抜けています。そして、化粧柱がずらりと並
んでいました。建物展示を行っており、3階の会議室は、
シャンデリア・カーテン・壁紙・じゅうたん等の内装、お
よび机・椅子などの調度品をすべて創建当時の姿に復元し
たものだそうです。会議室の隣の部屋には、名古屋近郊の
建物の模型が展示されていました。また、司法展示として
「明治憲法下の法廷」や「陪審法廷」「留置場」「独房」
などの部屋が復元されていました。昨年は、新型コロナウ
イルスが流行したこともあって旅行に行くことができませ
んでした。新型コロナウイルスが落ち着いたら色々な建物
を見に行きたいなと思います。
〈コードに届かないように〉
その他にも、
・低い位置にあるコンセントは子供が物を差し込まないようカバーを差し込む
・転んで怪我をしないようテーブルや棚の角には保護用カバーを付ける
・皿や箸、フォークを取らないようストッパーを付ける
などのようなことをしています。
2019年のブログはこちら
会議室
社員ブログ
2020年のブログはこちら
古殿地
 次に皇大神宮(内宮)に向かいました。五十鈴川の
ほとりに鎮座する皇大神宮は、皇室の御祖神であり日
本人の大御祖神である天照大御神が祭られているそう
です。宇治橋の外と内に高さ7.44mの大鳥居が立っ
ています。宇治橋は全長101.8m、巾8.4mで、欄
干の上に16個の擬宝珠を据えた純日本風反り橋です。
床板や欄干は檜で作られていますが、橋脚の部分は水
に強い欅が使われているそうです。入口である宇治橋
を渡りこちらも緑に囲まれた参道を歩き、途中の五十鈴川の御手洗場で手を清め正宮に
参拝しました。皇大神宮は、豊受大神宮から少し離れた場所にあったのですが、宇治橋
の外におはらい町・おかげ横丁と呼ばれる商店街がありとても多くの観光客がいました。
また行く機会を作って参拝してみたいと思っています。
ワークショップ
2021.02.12
~家に潜む危険 子供編~
     (我が家の幼児対策)
2021.04.09
社内ではワークショップを開き、お互いの意見や情報を
共有し合っています。
建築サロン
 私の家には1歳3ヶ月になる子供がいます。1歳になった頃から歩き始め、今では家
の中を自由に歩き回っています。歩けるようになり、今まで以上にかわいく感じるので
すが・・・その分いたずらも増えてきました。
家の中で物を投げたり引っ張ったり・・・目が離せない!!そんな思いをしているお父
さんお母さんも多いのではないでしょうか。私も勿論そうなのですが、今回は私が子供
の『危なそうな所』に行っている対策をいくつか紹介したいと思います。
Copyright (C) FUJI SOGO KIKAKU SEKKEI Corporation All Rights Reserved
五十鈴川
                   ※不器用な私が貼ると、このように空気が沢山
                    入ってしまいました。
 まず、豊受大御神(外宮)に向かいました。
鳥居をくぐり緑に囲まれた参道を歩いて正宮に参
拝しました。正宮の横には、古殿地(前の遷宮ま
で社殿があり、次の遷宮で社殿が造営される御用
地)がありました。豊受大神宮では、衣食住・広
く産業の守護神である豊受大御神が祭られている
そうです。伊勢市の中心部、高倉山の麓に鎮座し
ているのですが、人が少なく静かで清らかな気持
ちになれる場所
でした。
 少し前になるのですが、以前から一度行ってみたかった伊勢神宮と名古屋へ行ってき
ました。
名古屋市市政資料館
このような便利なグッズは100円ショップやホームセンターでもよく見かけるので使
用している人も多いのではないでしょうか。

子供は好奇心旺盛ですよね。また、子供はいろんな『いたずら』をして知恵をつけ、良
いこと悪いことを学ぶと聞いたこともあります。我が家では『危ないいたずら』になら
ないよう、家の中のいろんなところに工夫を凝らしていきたいと思います。
〈コンセントカバー〉
〈保護用カバー〉
〈棚開きストッパー〉
お伊勢参りと名古屋市政資料館に行ってきました。
プロジェクトの事例紹介
設計理念に基づく作品創出活動  
                  ガラスを使用している引き分け戸なのですが、
                  ガラス部分が多く子供がぶつかったり物を投げ
                  たり・・・割れてしまうととても危険です。
                  ですので、私はガラスに『飛散防止フィルム』
                  を貼っています。これを貼ることで子供が万が
                  一割ってしまった場合や、地震が発生した時な
                  どにもガラスが飛散するおそれを軽減できます。
                  このような飛散防止フィルムはホームセンター
                  などでも取り扱っていますので手軽に購入でき
                  ます。
また、食卓で使用している電気ケトルはコードに手が届くと引っ張ろうとするため、壁
にピンで引っ掛ける所を作り手が届かないように工夫しています。
(ケトルも手が届かないよう食卓の中央付近に置くよう注意しています)